きのみきのまま

女子大生の読書備忘録

ノンフィクション

思想・社会/歴史・地理・旅行記/科学/事件・犯罪/etc...

『アスペルガー症候群』岡田尊司

この本を手にとったことには理由があります。その理由については感想の部分で書こうと思いますが、アスペルガー症候群の人とどう付き合っていくかのヒントを探すためにこの本を読んでまとめてみました。 アスペルガー症候群作者: 岡田尊司出版社/メーカー: …

『「子供を殺してください」という親たち』押川剛

究極の育児・教育の失敗ともいえる事例から見えてくることを分析し、その対策を検討する衝撃のノンフィクションでした。調べると、同タイトルのコミックスを見つけたので、今度読みたいと思いました。 「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)作者…

『特殊清掃 死体と向き合った男の20年の記録』特掃隊長

自分の知らない世界を知ることが好き。おそらく自分が就くことがないであろう職業の体験談は興味深く、読んでみたくて購入した。グロいものは苦手で少し心配してたけど、本著と向き合うことができた。 特殊清掃 死体と向き合った男の20年の記録作者: 特掃隊…

『みな、やっとの思いで坂をのぼる—水俣病患者相談のいま』永野三智

新聞をめくっている時に、存在を知りました。5月1日になると、水俣病が節目の年として話題になります。私が熊本県出身ということもあって、本著に興味をもちました。応援の意味を込めて記事にします。 みな、やっとの思いで坂をのぼる?水俣病患者相談のい…